お問い合わせ
ハナファミリア
E-mail: info@hanafamilia.com
URL: http://hanafamilia.com


Weather
World Time
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Adobeアレルギー?!

私はちょっとしたAdobeアレルギーです。
新製品についていけない、バージョンアップやアップデートについていけないなど、苦手な理由はいくつかあるのですが、そもそもAdobeのホームページ、わかりにくいと思いません?
Microsoft officeのホームページの感じと似ているのですが、わからないことを調べていると、ホームページ内でぐるぐると彷徨ってしまいます。日本語ページなのに、どこか距離感があって、日本語を話す外人と無理やりつきあうとしている感じ・・でしょうか。あくまで個人的な意見なのですが。

しかし、Adobe製品はPDFやIllustratorを始め、この仕事をしているとつきあわずには通れません。

先日こんなことがありました。

ある決算資料のお仕事で、PDFから財務諸表を書式情報を含めてコピー&ペーストさえできれば短時間で作業が終わるのに、なぜか書式情報が消えてしまう。
書式毎コピーできるかできないかで作業時間は随分と変わってしまいます。
こういうちょっとした簡単に解決できそうなことができなくて、つまずいてしまうこと、パソコン作業ではよくありますよね。「これさえできれば簡単なのに・・」と思うので、余計イライラしてしまいます。

「なぜできない・・」と憤慨しながら模索していると、Acrobat 9以上ならテーブル情報ごとコピーができることがわかりました。インストールしていたのはAcrobat 8。現在はAcrobat X が出ています。

たまたま運よく持っていたAdobe Creative Suite 3 Design Premiunに、Acrobat 9へのアップグレードインストーラがついていたことを今更ながら発見(購入後3年も経つのに)。
早速インストールすることにしました。

これですぐ作業できるとほっとしたのも束の間・・

シリアル番号が無効と出てしまう。
インストールしているパソコン台数が制限を超えているということでライセンス認証もできない。

「なんなの、一体・・。」

いろいろとあれこれ調べ彷徨った後、結局最後はAdobeカスタマーセンターへ。

シリアル番号は、購入時にAcrobat 9のシリアル番号がなぜか通知されていなかったということで、再発行してもらいました。
またライセンス認証は以前使用していたパソコンからアンインストールする際、ライセンスの解除をしていなかったのが原因で制限台数を超えていたとのこと。制限台数は2台です。こちらも情報を変更してしまい解決しました。

Adobe製品のインストールやアンインストールには何かひと悶着あるぞという予想通り、今回もインストールに数日かかってしまいました・・。
しかし、電話で聞く手段があること、カスタマーセンターが意外に親切なこと、聞かなければ到底わからない情報も多そうだということがわかり、次回からはすぐカスタマーセンターに連絡すればよいのだと学びました。

ホームページだと人が存在するイメージがせず、苦手意識を持っていたのですが、電話口に人がいる(当たり前?)ことがわかり、Adobeアレルギーが少し改善したような気がします。

また、問い合わせついでにキャンペーンも紹介されてしまったのですが、何か製品を買おうと思っているときは、電話すると思わぬお得情報があるかもしれませんよ。この方法、ちょっと意外ですけど。

納期に追われているときに、この種の問題があるととても焦るのですが、前向きに考えると、時々こういうことに直面することで、変化に何とかついていけるともいえます。
昔の手書きの時代はいざ知らず、昨今は翻訳に必要なスキルとしてパソコンのスキル(Word Excel PDFなど使いこなせるか)は不可欠です。原稿に複雑な書式が組み込まれていることも多く、その編集ができないなどとは言っていたら仕事はもらえませんし、それを崩して返すのはもってのほかです。

「パソコンスキルは何とか世の流れについていかなければならないな・・」と改めて実感した一件でした。
普段作業していると、確実な方法、知っているやり方ばかり乗りきってしまいがちですが、疑問があるとき、もっと効率よい方法がありそうだと思ったときは立ち止まってみること、その都度調べてみることが大切ですね。(回避してしまうと後で忘れてしまい、放っておくと、急いでいる時に限って再びその問題が浮上するということが不思議と多い気がします;;)

| トピック | 15:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
目に感謝して

2月も気付けばすっかり半ばになってしまいました。
Webコンテンツライティングや決算短信のお仕事などでダッシュし、また初めての確定申告、それから息子からインフルエンザまでいただいて(苦笑)、新年明けはあというまに2月になってしまった印象です。

さて、最近のお仕事で個人的にも影響を受けたものがあったので記しておきたいと思います。
実は私は3年前にレ―シック手術を受けています。その経験があることもあり、レ―シックについての体験談を中心に電子書籍の執筆させていただくことになりました。

裸眼で生活するようになって三年。すっかりこの生活が当たり前になり、目が悪かったときのことなど忘れて過ごしていたのですが、久々に過去の自分を思い出し、改めて、視力が回復できた喜びを思い出しました。

以前はコンタクトと眼鏡の併用で不便な上に、目の疲労から偏頭痛によく悩まされました。コンタクトは痛いし、眼鏡も長時間していられない、そんな状態でした。
それが手術後はぴたりと偏頭痛がおさまったのです。

長時間でのパソコン作業に、育児。今、頭痛に悩まされることなく、過ごせていられるのも医療技術の発達のお陰です。改めて、感謝したいと思います。

| トピック | 16:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
英語子育て
 

プライベートな話題になってしまいますが、我が家には1歳の息子がいます。

段々と言葉を理解するようになり、小さい子供の言語習得能力を目の当たりにし、驚きと興味が深まっています。

話せるようになること。当たり前のことなのですが、どうやって身につけているのかとっても不思議ですよね。
(余談ですが、翻訳業に携わっていると、話せることと翻訳能力とはまた全く違うということに気付かされます。)

そして、私自身が英語教育に興味があることから、先日ベネッセのWorldwide Kids Englishに入会しました

(決してベネッセのまわし者なわけではありません 笑)

 

我が家には高い買い物で「入会してしまった・・」と書きたいところですが、これまでTVにあまり興味を示さなかった息子が、突然サンプルDVDにはまり、何度も何度も嬉しそうに見てはまっているので、これは始めるよい機会だという親心と、なかなか内容が面白くて単純に私がはまってしまったのが購入の経緯です。

主人は始め、NHKの番組で十分なのではと言っており、私も正直そう思いました。世の中には無料でもよいコンテンツが溢れていて、それこそインターネットの中でも利用できるものがたくさんあると思います。どんどん利用すべきです

ただ、それを毎回チェックして継続する自信が私には・・ない

 

自分が実際、子育てを始めて実感したこと。
それは、この時期は「子供」が続けられるかというより、「親」が続けられるかが問題ではないかということ。

英語教育にしても、それこそ歯磨き、就寝時間など生活習慣に至るまで「親」の問題ですよね。
もちろん前からそう知ってはいたのですが、実際毎日となると一貫して継続することは何事も大変なことだと実感します

 

そんなわけで、いろいろ言い訳をしつつ、私が気に入って続けられそうな英語教材を選びました。


早速週末にステージ1が届いたのですが、おもちゃや絵本などこれがなかなか楽しくて、親子で早速はまっています
キャラクターや登場する物など、
DVDと連動している点がさすがベネッセで、これは子供の興味を引き付けるのにとっても効果的だと思います。

1月のWorkshopもすかさずチェックし申込み、参加するのを心待ちにしています。いつまで続くことやら?
(再度ながら、勧めているわけではありませんのでご安心を;;念のため。)

 

これからどんなふうに英語と親しみ吸収していくのか、研究者のような関心もかなりありつつ、楽しみに観察していく予定です。


ハナファミリアの業務とは直接関係ないのですが、外国語という関連を無理やり持たせて、気付いたことなどちょっとずつ記録していけたらと思っています。

 

| トピック | 13:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
動物検疫〜ペットと海外に行くには?〜
 

定年後の海外移住について関心を持つ人が増えています。
若い世代でも日本の先行き不安から将来的に海外移住を検討している人も増えているようですね。

そんな時、1つクリアしなければならない大きな問題がペットです。
ペットは大事な大事な家族です。

私は個人的に「超」がつく愛犬家なので、今後ハナファミリアで、海外移住やペットと海外旅行を検討中の方向けに検疫関連の書類や手続きのお手伝いができたらよいなと思っています。

 

我が家にも愛犬がおります。
数年前から愛犬も一緒のハワイ家族旅行を夢見ていたのですが、煩雑な書類準備などわからない点が多く諦めていました。

が、来年は長年の夢に挑戦しようと準備を始めました。

「ペットは置いていけばいいのに」と言われれば全くその通りなのですが、それができない・・私と同じような方に参考になればと思い、準備の様子も少しずつお伝えしていこうかなと思っています。

 

さて、今月、まず畜産生物科学安全研究所にて狂犬病抗体検査を受けました。

犬の場合、人間と違ってすぐに渡航することができません。
もし渡航する可能性が近い将来ある場合は、まずはマイクロチップを挿入しておくことをお勧めします。万が一迷子になった時にも役立つマイクロチップですから、挿入しておいて損はありませんね。

 

そしてハワイの場合は4カ月前に血清検査をしておくことです。

前々から計画された旅行ならば対応できますが、「急に休みをとれたから行きたい」という時に、この血清検査がネックになります。
 

ハワイの場合、ダイレクトリリース(5-day-or-less-program)を受けるにあたり、狂犬病のワクチン(Rabies Vaccinations)を接種してから90日経過してからハワイに入国しなければなりません。また狂犬病抗体検査(OIE-FAVN Rabies Blood Test)を受ける必要があり、検査機関で血清を受領してから120日間は日本での待機期間となります。このために、少なくとも4カ月前からの準備が必要となります。

これまでは狂犬病抗体検査のためにアメリカの検査機関まで血清を送る必要がありましたが、近年は畜産生物科学安全研究所で検査が受けられるようになりました。証明書は研究所から直接ハワイに送付してもらえます。

 

というわけで、我が家の愛犬はこの狂犬病抗体検査を受け、現在待機期間に入りました。

証明書の有効期間は採血した日から
2年間ありますので、多少スケジュールが後ろにずれても問題ありません。

参考URL

ハワイオアフ観光局:ハワイ州動物検疫について

ハワイ 
Checklist For 5-Day-Or-Less Program




海外移住や海外旅行の動物検疫、外国語書類のサポート・翻訳が必要な方はぜひこちらまでお気軽にご相談下さい。
特にペット関連につきましては、正式にサービスをご用意するまではボランティアとしてできることはご協力したいと考えておりますので、「検疫書類が英語でわからない」などお困りの方はご相談下さい(愛犬猫家に限定です)。

| トピック | 10:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
「クール・ジャパン」の取り組み〜伝統から「かわいい文化」まで〜
 K-POPの活躍に日本も負けじと国をあげて文化産業立国を目指して動きだしたようです。

今月、経済産業省が推進する「クール・ジャパン戦略推進事業」がシンガポールからスタートしました! シンガポールで原宿ストリートスタイルのファッションショーを行ったりと、様々なイベント開催しています。

*ファッション関連
「原宿ストリートスタイル」(
101日〜12日@TANGSオーチャード)


*食関連
「がんばろう!日本 
Taste of Japan 2011」(1027日〜29日@サンテック・シンガポール国際会議場)


*コンテンツ関連
「アニメ・フェスティバル・アジア
2011」(1111日〜13日@サンテック・シンガポール国際会議場)

 

開催期間中は、「クール・ジャパン月間(Cool Japan Month)」としてデザイン・コンテストや講演会、ワークショップなどのイベントが在シンガポール日本国大使館や日ASEANセンターなどにより行われる予定。

経済産業省では日本の文化産業が海外で人気があるとする一方で、以下の課題をあげています。
(以下「文化産業」立国に向けて−文化産業を21世紀のリーディング産業に−より)


 

国内の産業規模は近年伸び悩み。海外展開は一部企業のみ。


最近では、韓流・Cool Koreaの人気がアジア市場で先行しており、
日本の得意の自動車、家電などの市場獲得競争にも影響。


日本の製造業は日本の文化を競争力強化に取り込めていない。

 

やはり、K-POPの台頭を目の当たりにし自動車、家電業界への影響に危機感を募らせているのがうかがえますね。クール・ジャパン戦略、ぜひ継続的に、そして具体的な目標を掲げて活発化してほしいです。

そういえば、シンガポールにはAKB48の公式カフェもできましたよね。
このカフェでは月に2回程度、毎回異なるメンバー約16人によるコンサートが開催されるというのだから驚きです。
さすがにシンガポーリアンで、毎回異なる出演メンバーの顔と名前を覚えている方というのは少ないと思うのですが、それでもウケる可能性があるというのは、アキバ文化への好奇心、まるでアニメから出てきたような「会いにいけるアイドル」のコンセプトが当たっているのでしょうか?

経済産業省では、伝統文化や革新的科学技術から、現代のアニメ、ファッション、かわいい文化」まで狙いをさだめているようです。国が「かわいい文化」を売ろうとするとはなんだか面白いですが、確かにウケる可能性を秘めていますね。日本独自なことは間違いない!


中国版ミニブログ シナ・ウェイボーを利用して、中国国内、台湾、香港などアジアの中国語ユーザーに向けて情報発信しませんか?
現在多くの企業・自治体がアカウントを開設して利用し始めています。
新浪微博(Sina Weibo)の新規アカウント開設・投稿サポートをご検討の方は、ぜひ
こちらよりお気軽にご相談下さい!!


| トピック | 15:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
K-POPは国家戦略?
 

コリアタウンがある新大久保。
JR山手線新大久保駅の先月(9月)の営業収入は前年比で38%増加、2009年以降増収の傾向が続いているのだそうです。

これはもちろん、韓流ブームで、韓国料理店やK-POPのグッズなどを求めて新大久保のコリアタウンを訪れるお客さんが増えたことが大きな理由。

私も先月ランチに韓国料理を食べようと、数年ぶりに新大久保のコリアタウンを訪れました! が、あまりの人の多さにびっくり。
目的のお店には長い行列、軽く
1時間待ちで、仕方なく他の店を探すもどこも並ばずして入店できませんでした。
1230に新大久保に到着したにも関わらず、ランチが食べれたのは14時。平日に行かれることをお勧めいたします(笑)

さて、大人気のK-POP。これは韓国の国家戦略だと言われてますよね。
K-POPは日本だけでなくシンガポールなどアジアにも広がっているようで、韓国のイメージアップの影響で、サムスンやLGなど韓国メーカーの売上を後押ししています。

シンガポールでは
10年前まではは日本のドラマや歌手が人気だったのが、今や韓流ブーム到来。韓国メーカーの認知度や好感度は、K-POPなど韓流ブームが到来しているアジアの国々で格段と上がっており、その影響は絶大です。

経済産業省のレポートによると、この韓流ブーム、韓国の国家戦略であることは周知の事実のようです。

(以下、「文化産業」立国に向けて−文化産業を21世紀のリーディング産業に− 参照)

通貨危機後の97年、キム・デジュン大統領が「文化大統領宣言」⇒以後、官民一体となった

Cool Korea戦略でアジア・マーケットに浸透。

 屮妊競ぅ鷽橋襲 廖屮灰鵐謄鵐朕橋襲 廚寮瀘


⊃袈愁沺璽吋奪箸悗隆洩欝鵑欧神鑪的売り込み

     韓流ブームを起こし、ファッション、コンテンツ、消費財を一体で売り込み

     上海、香港ベトナム・タイインドという順番でブランドイメージを確立


B膣數念彭蟷饋橋集社(KOTRA)を中心とした徹底した海外市場獲得支援

−イ・ミョンバク大統領は「国家ブランド委員会」を設置し、国家的に文化産業を育成。

1997年の通貨危機というと、個人的にはアメリカに留学していた際、韓国人留学生が一斉に帰国したのでとても記憶に残っています。
まだついこの前のような気がしてしまいますが、韓国は通貨危機以来、国を挙げてプロジェクトを立ち上げ、そして近年確実な成果を上げ始めています。
対して日本はこの10年ちょっとで何が変わったでしょうか?

すっかり後手に回った感がある日本ですが、日本も国をあげて文化産業立国を目指して動きだしたようです。次回は日本の文化産業立国を目指すトピックを取り上げてみます!



中国版ミニブログ シナ・ウェイボーを利用して、中国国内、台湾、香港などアジアの中国語ユーザーに向けて情報発信しませんか?
現在多くの企業・自治体がアカウントを開設して利用し始めています。
新浪微博(Sina Weibo)の新規アカウント開設・投稿サポートをご検討の方は、ぜひ
こちら
よりお気軽にご相談下さい!!

| トピック | 15:17 | - | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業の海外進出〜OTA TECHNO PARK〜

 人件費の高さ、電力などエネルギー供給問題、そして何よりも円高を背景に、企業の海外流出、産業の空洞化が懸念されています。

そんな中、大田区では積極的な面白い取り組みを実施しているようです。
タイ、バンコク郊外にある「アマタナアコン工業団地」の一画に、大田区中小企業向けに集合工場、OTA TECHNO PARK(オオタ・テクノ・パーク)を開設しました。

一見、海外流出を後押しするかのような試みですが、大田区にとっては、アジアに生産拠点を設置しグローバル展開を支援することにより、多くが存続の危機にある大田区内の中小企業の経営基盤を強化して、大田区に本拠地を置き続けながら成長してもらうという、アジアネットワーク展開事業をスタートさせています。

この逆転の発想。出口の見えない難題に直面したときに大きなヒントになりそうな取り組みですね。
「なるほど」と感心してしまったのでトピックにあげてみました!


ハナファミリアでは海外進出を試みる中小企業を積極的にサポートしております!
タイ語、ベトナム語、中国語などアジア言語の翻訳、E-mailなどお困りの方はぜひこちらよりお気軽にご相談下さい。

| トピック | 17:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
新静岡cenova (セノバ)

本日、10月5日、静岡鉄道 新静岡駅直結の複合新商業施設「新静岡セノバ」がグランドオープンいたしました

偶然にもこの日静岡で用事があり、まさにオープン直後の10時過ぎに入店してまいりました
東京在住ながら、静岡県民に先駆け話題のスポットに立ち寄ってしまいました。

さてこのセノバ(cenova)。翻訳の職業柄か、何語か気になりちょっと調べてみました。
cenovaのホームページによると・・・

 ̄儻譴"ceno"(「新しい」)+スペイン語の"va"(「行く・スタートする」)
英語の"center"(「中心」)+ "nova"(英語で「新星」/ ラテン語で「新しい・新鮮な・最近の」)
「幸せの場」・「待ち合わせの場

だそうです。由来がわかるとちょっと楽しいですよね。
この由来、音(響き)が先で意味はちょっぴり後付けかな?

英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語など観光翻訳を扱う翻訳会社をお探しならハナファミリアへ。こちらまでお気軽にご相談下さい。

*外国語ホームページの制作 (ローカリゼーション・Webホームページ翻訳) 観光地の案内、ホテル・旅館など宿泊施設の館内案内、マップ、商業施設のフロアマップ、温泉地 史跡 文化財等の翻訳、レストランのメニュー、名産・土産物の説明の翻訳など
 

| トピック | 10:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ワークデスク
オフィスに、ヒノキクラフトさんのサイズオーダーデスクを設置しました。
環境に優しい無垢材でできたワークデスクです。ひのきのよい香りがオフィス中に漂っています。

私は静岡県の出身です。地元、静岡県安倍川上流で植林されたヒノキを使ったこのデスク。
東京の小さなオフィスに、ひとつ故郷とつながりのある自然派家具を取り入れ、とっても心地よく、また心強さも感じます。

このワークデスクは、年数を経るごとに、深い味わいに変わっていくと思います。
ハナファミリアもこのワークデスクとともに、歩んでいけたいいなと心新たにデスクに座っております。


ヒノキクラフト

まだ1歳の息子の学習机もヒノキクラフトさんでと決めています(笑)


環境技術関連の翻訳、エコプロダクツ、エコソリューションなど、
環境やエコに関する翻訳を取り扱う翻訳会社をお探しならハナファミリアへ。
こちらまでお気軽にご相談下さい。


| トピック | 12:53 | - | - | pookmark |
カチクラ〜徒蔵〜

 日頃TVを見る時間はあまりとれないのですが、ワールドビジネスサテライトだけは録画してちょくちょく見ています。
経済ニュースが中心なのですが、わかりやすく、また新しい流れやトレンドを取り上げ、閉塞感を感じるニュース番組が多い中で、アイディアや希望が持てる内容が多いからです。「ガイアの夜明け」も好きなのですが、これもたとえ暗いニュースでも突破口となる取り組みに注目して特集していくという点で切り口が似ていて、よい意味でネアカ番組なので好んで見ています。


さて、先日は「徒蔵(カチクラ)」の地域活性化の取り組みについての特集でした。
「徒蔵」とは台東区の御徒町から蔵前までのエリアで、起業する若者に行政や企業が支援し地域の活性化につなげているそうです。

その取り組みのひとつ、台東区が運営する台東デザイナーズビレッジ(通称 デザヒレ)。
廃校を利用した教室を安い賃料で貸しており、若いデザイナーが入居し起業を目指しているのだとか。
既にこの台東デザイナーズビレッジをスタート地点として選んだデザイナーの中には徒蔵に出店した卒業生もいるのだとか。


デザヒレ村長によると、「ニューヨークのSOHO地域が廃工場の跡地の倉庫街にアーティストが住み着き、アトリエにして、その作品を売るギャラリーが増え、アートを買う人達のために飲食店が増え、
やがて世界最高の商業地域に育っていったようにデザビレ周辺をクリエイターの街として、活性化したい」という発想から始まったそうです。始めは区役所の担当者からもあきれられたそうですが、その歩みは着々と認められ始め、「徒蔵」は今、ホットな町として注目を集め始めています。


台東区は、あまり私にとって縁がない地域で、下町というイメージでひとくくりにしてしまっていたのですが、誰かのアイディア、試み、小さな一歩から、人が集まるようになり、大きな流れとなって、そして街が変わっていく。とても面白いですね。


最近若者が海外に目を向けなくなったとよく批判されています。あるコメンテーターが、「今の若者は逆にこれまで気付かなかった身近なものに目を向けるようになったともいえる」と評価していました。こういう捉え方もあるんですね。
確かに、このデザヒレにしても、台東区の廃校でクリエイティブ活動をして起業を志すなど、身近なものを利用し、目標をもって地道に歩んでいる若者の姿がうかがえます。

私自身は比較的皆が海外に憧れを抱いている世代でしたが、今の「若者」は違った形で意外に「日本発」の新しい産業を築いてくれるかもしれませんね。

For English article about Kachikura, click here ( THE SENKEN on face book).

海外マーケットに向けて翻訳会社をお探しならハナファミリア
こちらまでお気軽にご相談下さい。

| トピック | 15:51 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |