お問い合わせ
ハナファミリア
E-mail: info@hanafamilia.com
URL: http://hanafamilia.com


Weather
World Time
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< オンラインゲームの翻訳 | main | 新年の抱負 >>
ネイティブチェック:長文と向き合う
 

日本語の博士論文のネイティブチェックをさせていただきました。

台湾出身の方が日本語で書いた論文でしたが、外国人とは思えない語彙、論文の構成力、専門性全てにおいて素晴らしく、大変勉強になりました。

納期が迫る200ページ近い論文でしたが、無事提出日に間に合うようお手伝いさせていただきほっとしています。

 

上述の通り、今回は元々高い仕上がりの論文でしたが、それでもやはり、納期が迫る中で著者が全体を読み返す時間的余裕を持つことは難しいと思います。

第三者が改めて読んで気付く誤字・脱字や統一すべきスタイルもありましたし、第三者が読んでみると少しわかりづらかったり、読みにくい部分もあり、修正させていただきました。
御見積時に序章を拝読した時には、満足にお手伝いできるかと少々不安もあったのですが、やはり後半の章になるとお疲れの様子も垣間見えましたので(笑)、お役に立てたのではないかと思います。

 

<お客様の声>

大事な論文のネイティブチェックをしていただきありがとうございました。

要望にスピーディーかつ丁寧に対応してくださったので、大変心強く、ありがたく思います。お蔭さまで博論の提出が順調にすすみそうで、大変助かりました。今後ネイティブチェックの機会(投稿論文など)がありましたら、是非またお願いさせていただきます。
(大阪大学大学院言語文化研究科博士課程 S様)

 

 

長い長い論文に向きあわせていただき、自身が修士論文を提出したときを久々思い出しました。確かお正月明けが提出日だったのですが、提出間際はとにかく不安やら焦りで集中力を削がれそうだったので、決してよいやり方ではありませんが、余念を払うために、2時間寝て2時間書くを繰り返して、半分寝ぼけた状態を利用するという極端な方策に出て乗り切った記憶があります

この時の記憶は自分の中でもあまりなく、空白の数日間なのですが、無事何とか書き終え、「さて」と冷蔵庫を開けると、見事に空っぽで、
6枚切り食パンのビニールが空しくひらりと舞い、さらにお財布には一銭もなく、年始でATMもやっておらず、とても困った、けれど達成感のあった、懐かしい思い出があります。数十年ぶりにそんなことを思い出す貴重な機会をいただきました。ありがとうございました。

 

 

修士論文、博士論文など学位論文でお困りの留学生の方に。日本語ネイティブチェックもぜひハナファミリアにご相談下さい。ご連絡はこちらから。

 

| 外国語関連サービス | 17:11 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://translation.hanafamilia.com/trackback/26
トラックバック